新生児対応チャイルドシート 6つのセーフティポイントと16の機能

6つのセーフティポイント

  • ヨーロッパ基準適合

    2012年より日本でも完全適用されたヨーロッパ基準(UN R44/04)に、いち早く適合したのがリーマンのチャイルドシート。
    2006年の施行当初に国内メーカーとして初めて、乳幼児兼用タイプで認可取得しました。

  • 本場ヨーロッパでの検査をクリア

    ヨーロッパ基準が日本で施行される以前から、より高いレベルの安全性を追求してきた結果、チャイルドシート先進国群であるヨーロッパ現地でいち早く認可を取得。
    その後も義務付けられた定期検査で、製品の安全性と安定した品質を認められています。

  • 衝撃を軽減する軽量コンパクト設計

    衝突時、車内の人や物に加わる力の大きさは重さに比例します。つまり、軽いチャイルドシートほど、万一のときにお子さまに加わる衝撃が小さくなるのです。
    また、軽量であることで女性にも取り扱いやすく、取り付けや載せ替えもラクに行えます。

    ※時速40kmの正面衝突で、自重の約30倍の衝撃。

  • ほとんどの車種に取り付け可能

    ほとんどの車種に取り付けられるユニバーサルタイプです。
    クルマの買い替えや、載せ替えなどで車種が変わっても、しっかりお子さまを守ります。

    ※UNIVERSAL(汎用)の他にSEMI-UNIVERSAL(準汎用)、VEHICLE-SPECIFIC(限定)などがあります。

  • 低座面・低重心構造

    座面が低いほどお子さまの頭部の位置が低くなるため、衝突時の頭部ダメージ軽減につながります。
    また、重心が下がるので通常時の安定性も向上します。

  • 包み込むように守る、深いサイドサポート

    側面からの衝撃やガラスの破片の飛散などを考慮して側面の壁を高くし、シートの奥行きを深くとっています。

16の機能

  • トリプルガードプロテクト

    3層の側壁で、赤ちゃんの頭部を側面衝突からもしっかり守ります。

  • 深いサイドサポート

    奥行きの深いシート形状で、側面衝突などによる横方向の衝撃からもお子さまの頭部をしっかり守ります。

  • ハーネスアジャスト

    肩ベルトとヘッドレストがワンタッチで調節可能。お子さまの成長に合わせて最適な位置でご使用いただけます。

  • ヘッドプロテクション

    衝撃吸収材を頭部まわりに広く配置。お子さまの頭部をしっかり受け止めます。

  • 低座面・低重心構造

    衝突時の頭部ダメージ軽減と通常時の安定性につながります。

  • 軽量コンパクト設計

    衝突時の衝撃を低減する軽量設計。
    狭い車内でも扱いやすいコンパクトサイズです。

  • ソフトモールドクッション

    独自形状のクッションを腰まわりに配置。
    包み込むようにしっかり守ります。

  • モアフラット構造

    首や腰のすわっていない赤ちゃんの自然な姿勢をキープしやすい、独自のクッション形状です。

  • 3Dインナーパッド

    赤ちゃんの身体にフィットしやすい形状で、首すわり前からやさしくサポートします。

  • フワーリクッション

    まるでソファーのようにふかふかでやさしいクッション素材をたっぷり使用しました。

  • 3Dメッシュ素材

    通気性とクッション性にすぐれる3Dメッシュ素材をシートカバーに採用。

  • エアフリー構造

    通気性を配慮し、シート本体に通気穴を設けました。

  • ベルトキーパー

    シートベルトが引っ掛けられるので、後向き取り付け時の乗せ降ろしもスムーズ。

  • 角度インジケーター

    後向き取付時の背もたれ角度を一目でチェックできます。

  • リクライニング機構(4段階)

    車両シートの角度にフィットするので、しっかり固定できます。

  • 3点固定(後向き・前向き)

    安定しやすく、しっかり固定できる3点固定方式です。

  • クイック3ステップ取り付け(後向き取り付け)

    たったの3ステップで、簡単にしっかり取り付けられます。

  • ユニバーサル

    ほとんどの車種に取り付けられます。

ページの先頭へ